読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと - Not In This Lifetime

基本くだらないこと。たまにマジメ。たまに頭おかしい。

雨の日に猫は勉強する

 

なぜ、こんなタイミングで突然ブログを始めようと思ったのか。

きっかけは、道端の猫である。

 

 

家を出ると目の前を猫が歩いていた。
猫は雨に打たれてそそくさと草むらの中に消えていった。
 


空が青い日、

灰色の空から水が落ちてくる日、

はたまた空は灰色だけど何も落ちてこない日。

 

猫は何でそれぞれ違った日があるのか、なんてことは知っているのだろうか。

 

人間は知っている。研究して、そのメカニズムを知っている。

 

猫は雨に打たれて、「なぜ?」と思うのだろうか?

そう思った猫は勉強して、いつの日かそれを知る日が来るかもしれない。

 

 

そんな地球上ではたぶん一番知能が発達している(?)地球人のことも、宇宙人は「まだそんなこと研究してんのwww」って笑っているかもしれない。宇宙人は1000年以上先を行く時代に生きているのかもしれない。むしろ宇宙人にとって地球人は「猫」だ。我々は何も知らない存在なのだ。

 

そう思うと、学ぶことが楽しくなるのかもしれない。

 

 

なんてわけわかんないことを考えてて、どこかに書きたかったんだけど、ツイッターじゃ140字に入りきらないし、大して使ってないFacebookに突然そんなん投稿するのもヤバイ人なので、だったら新しいとこにと思ったわけです。

 

今後このページを何に使うかわからないけど、とりあえず保存。。